【怪獣8号】出雲ハルイチのプロフィールまとめ

【怪獣8号】出雲ハルイチのプロフィールまとめ

今回は、今話題の人気コミック「怪獣8号」に登場する「出雲ハルイチ」についてまとめてみました。

怪獣8号は少年ジャンプならではの熱いストーリーはもちろん、キャラクターのかっこいい名ゼリフも多く、心に響くものがありますよね。

さまざまな登場人物がいますが、出雲ハルイチが隠れたかっこいいキャラだということをご存知でしょうか?今回は、そんな出雲ハルイチについて、たくさんの魅力を紹介していきます。

※最新話までのネタバレを含みますので、ご覧になる際はご注意ください。

もくじ

出雲ハルイチのプロフィールまとめ

ハルイチは東京討伐大学首席卒業した実力者であり、怪獣兵器の国内最大手「出雲テックス」の御曹司と、かなりのハイスペックを誇るイケメンキャラ。
出雲テックスは、防衛隊のスーツを作っている会社でもあります。

エリートでありながら、それを自慢するわけでもなく、他人を尊重できる性格が魅力的ですね。作者コメントにて

みんなに交じって一緒に騒ぐより、それをはたから見ているのが好き。

怪獣8号3巻より引用

と表現されているように、同期が言い争っているのを、端から笑って微笑むような大人の雰囲気を漂わせているタイプです。

しかし主人公である日比野カフカがミナの幼馴染だとお風呂場で暴露したシーンでは、みんなと同じように話に食いつき、のぼせてしまった、なんてお茶目な一面も。

家の事情もある」と意味深な発言もありましたが、亜白ミナを目標にしていると発言していることから、ミナに何やら特別な感情を抱いているのかもしれませんね。

そして負けず嫌いな一面も持っており、特に同期の神楽木葵とは、火花を散らしているシーンがよく描かれています。

ばち

表に感情を出すタイプではありませんが、うちに秘める闘志を持っている、魅力的なキャラなんです!

ちなみにハルイチの髪色は、緑色です。
白黒だと茶色かと思っていましたが、コミックス5巻の巻頭カラーページにて、緑色の髪が描かれています。

ハルイチの初登場シーンは?

ハルイチは、第4話の二次試験にて初登場

過去最難関といわれることになる二次試験。その第一部、体力検査を225人中2位で通過しました。

「今年卒のナンバーワン有望株」と評され、第3部隊副隊長の保科宗四郎にも、一目置かれるエリートとして華々しい初登場を飾りました。

そして史上最高の逸材と謳われる少女、四ノ宮キコル相手に「さーて彼女相手にどれだけ通用するか」と、密かに闘争心を燃やしている一面がみられます。

ばち

古橋伊春は「ぶっ倒す」、葵は「見定めさせてもらおう」と言っていた場面、一人だけ自分の成長に目を向けていて、個人的にすごく好印象でした!

二部の資質検査である怪獣討伐では、四ノ宮キコルに対し「まさかこの俺が援護すらさせてもらえないとはね」と笑いながらも、悔しそうな表情を見せています。

あくまでクールでありながら、ライバルとの闘いを心から楽しんでいるようにも見えますね。

プロフィール詳細

年齢不明
身長178cm
誕生日10月14日
趣味DIY
ソロキャンプ
好きなものクラシック
スナック菓子(幼少期禁止されていた反動)

出雲ハルイチの戦闘スタイルは?

防衛隊の銃を使用し、中距離から攻撃を行うのが、ハルイチの基本スタイルです。ライバルの葵とコンビを組んで、戦闘に挑むシーンが多く描かれています。

初の防衛隊スーツ着用時には、解放戦力18%と、キコルの46%に次ぐ数値を叩き出しました。

訓練を始めてから2ヶ月後には推定解放戦力25%、立川基地襲撃での葵とのコンビプレーでは解放戦力36%と、短期間で急成長を遂げていることが分かります。

ほとんどの一般隊員が解放戦力20〜30%程度でキャリアを終えると保科副隊長が発言していますから、数ヶ月の間でこれだけの成長を見せるハルイチに期待です。

ばち

執筆時点においては専用武器は描かれていません。
ただ、今後も成長を続けていけば、見られる日が来るかもしれませんよね!

出雲ハルイチの名言、セリフまとめ

そんなクールでありながらアツい向上心をあわせ持つハルイチ。彼の放った、至極の名台詞をおとどけします!

「やれやれ磨けば磨くほど自分が凡庸だと思い知らされるな」

やれやれ磨けば磨くほど自分が凡庸だと思い知らされるな

怪獣8号第11話より引用

射撃訓練にて、四ノ宮キコルに実力を見せつけられた時に出た一言です。
素直にキコルの実力を認める姿には、頭が上がりません…。

あくまでも冷静に、ほほえみをまじえた表情を見ると、悔しさや内に秘めた闘志が伝わってきますね。

「俺の番で上書きしてくるよアオイ」

俺の番で上書きしてくるよアオイ

怪獣8号第11話より引用

先ほどのシーンの続きで、葵に「上を見てる場合か?ハルイチ 俺はお前の戦力に並んだぞ」と言われ、それに対するセリフです。

ばち

冷静に言い返してはいますが、ここは闘争心をかなりむき出しにしているなと感じたシーンです。

「はいはいそのうち二匹は俺のアシストついてるの忘れるなよ」

はいはいそのうち二匹は俺のアシストついてるの忘れるなよ

怪獣8号第13話より引用


新人達のデビュー戦である相模原討伐作戦にて、葵に「俺はもう三匹やったぞ ペース遅いんじゃないかハルイチ」と言われ、その時に言い返したセリフ。

またまた葵と張り合っている姿が描かれており、負けず嫌いな二人の掛け合いが秀逸ですね。

【怪獣8号】出雲ハルイチまとめ

出雲ハルイチは人柄、ルックス、実力のどれをとっても魅力的ですよね。

そんな彼に魅力を感じてまとめてみましたが、潜在能力が高く、急成長を遂げているところをみると、今後ますます活躍していきそうですよね。

金沢基地第2部隊へ移管されてから、登場の機会が減ってしまったのが残念ですが、どこまで成長しているのか楽しみに待ちましょう。

ばち

これからも仲間と共に、高みに向かうハルイチから目が離せませんね!

「もう一度ハルイチの活躍を追いたいけど、もうジャンププラスでは読めない…」という方は、怪獣8号の単行本をお得に購入する方法をまとめた下記の記事をチェックしてみてくださいね!

よかったらシェアしてね!

一緒に作品を楽しみましょう!

コメントする

CAPTCHA


もくじ
閉じる